寺嶋建設の良いところは、『信用できる』ことと『家族的である』こと。
新築住宅 仙台市 S 様

お勧めしたいから、ここをオープンハウスにしたんですよ。 『ここをオープンハウスにさせて頂いていいですか?』と言われたので、『寺嶋さんの為だったらやってもいいよ』と快諾しました。

家を建てよう記事全文を

本日は宜しくお願いします。まず、現在の家族構成を教えていただけますか?

私と妻と父親と二人娘の下の子と犬が2匹です。

趣味の竹細工で作ったランプカバー

趣味の竹細工で作ったランプカバー

『母が亡くなり、父との同居を考えた時』がきっかけだったとの事ですが。 それ以前には、新築をお建てになる事は考えていらっしゃらなかったのですか。

今から7年前に、家を出ようと言うことで、この近くに家を借りたんですよ。
その時に貸家に一生いるんだったら家を建てようかなっていう気もあったんですけど、結局お金の問題があって、『しょうがないなぁ』と断念していたんですが、今回は母親が亡くなったのがきっかけでですね。

新築を考え始めたのが7年前で、ここを建てようと思い契約したのが、2009年の6月か7月頃です。完成、引渡しが12月の中頃で、実際こちらに引っ越してきたのが年が明けて1月の15日頃だったと思います。

お父様が前に住んでいらっしゃた所も持ち家だったのですか。そちらを売却されて、こちらに建てられたのですか。

はいそうです。もうちょっと土地を高く売りたかったんだけどね。土地が高く売れれば、立派な家も建てられたんだけど。中々こういうご時世ですから。

先ほどの話に戻りますが、お母様がお亡くなりになった時はご一緒に住んでいらっしゃったのですか。

いえ、近くの貸家を借りていました。
私の性分としてアパートとか、団地って嫌いなんですよ。
窓を開けて田んぼが見えたり、山が見えるのが好きなんですよ。窓を開けて隣の窓がというのはちょっと…。

最初は根白石とか東北道の向こう側かギリギリぐらいの所がいいかなと思っていましたが、この場所を選んだのは、妻に車の免許が無い事と、父親の年齢も高いですし、近くに病院が有ったり、地域に知り合いが居た方が良いかなと思いましてこの場所を選びましたね。

寺嶋建設との出逢い記事全文を

寺嶋建設をお知りになったのは、『昔より同じ町内であり、社長とも、知り合いだった』との事ですが。

前の社長さんの時、市名坂という地区で建設業を営んでいらっしゃったのと、娘が同じ学校だったのでPTAで顔を合わせていたという関係もあって、ちょっとした知り合いでした。私が公務員の時代に役所と受注側で付き合いも有りました。

奥様お気に入りの暖かい台所(オープンハウス時)

奥様お気に入りの暖かい台所(オープンハウス時)

何年ぐらいになりますか?

20年以上前、22.3年前からは存じ上げています。
あと前の社長さんの弟さんが職場の先輩だった事もあり、いろいろな繋がりがあって、まぁ同じ地元の人という感覚ですかね。

寺嶋建設の第一印象はいかがでしたか。という質問にはお答え頂いていないんですが。どなたかとお会いしたと思うんですが。

どの時代の第一印象か…それは全然違うんですね。
家を建てようとしたのは、母親が亡くなってその土地を処分するという話になった時から考えたんですが、その時最初に『資金は無いけど、借金はしたくない』と考えて『じゃあ、4人で住むんだからあまり大きくなくてもいいだろうな』と。幾らの予算を前提に建て始めようかと考えて、色々なハウスメーカーさんを見にいったんです。

LHさん、PH、SR、HH、SH等の色々なメーカーにお話して、『こういう所に、この予算で家を建てたい』と相談に行ったら、最初から断るメーカーもいたんですよ。『この値段では出来ません』と。
最後はLHさんに見積りを出して頂いて、ある程度協議に入ったんですけど、最終的に『Lハウスで良いかな』と思ったんですけど、お付合いしている中で、
『ちょっとまて、この担当者は営業としての言葉使いが出来ていないなぁ』
『1千万以上のお金を出して頼むのにちょっと問題があるなぁ』
と思いまして、それ以来、『ここはもうだめだな』と。

まず何が悪いかというと、言葉使いがちょっとね。
『こういう言葉使いする人に将来何かあった時に頼んでもなんて返って来るんだろう』という不安が出てきて、妻に『どうしよう、私は不安だ』と相談して、じゃあ寺嶋さんに行って見ようかなという話がポッと出て 早くに決めたかったので、次の日にまっすぐ寺嶋さんの事務所に行きました。 奥様が『鈴木さんお久しぶり』と対応して頂きました。

『こういう訳で家を建てたいんです』と営業の人に話をした所、前社長に来て頂いて、そこから話が始まりました。寺嶋建設の営業がどうこうというよりも、私が会社へ押しかけて行きました。その後は、とんとん拍子に仕事が流れて行きました。

ですので第一印象と言われても、いつの時点の第一印象なのか。
私には悪い印象は無いんですよ。仕事上の事も有るし、町内、PTAいろんな意味でいお付き合いしましたけど、印象的には『真面目な人だ』 と言う印象ですかね。
前の社長はロータリークラブに入っていて、私の父親も加入していました。 そんな繋がりもありましたね。悪いイメージはないですよね。

奥様、娘さんが好きな新しいお風呂(足が伸ばせます)

奥様、娘さんが好きな新しいお風呂(足が伸ばせます)

オープンハウス時のダイニング

オープンハウス時のダイニング

寺嶋建設を他社と比べた、というお話ですが。

ずいぶん見ましたね。妻と二人で都合が付いてた限り。あっちいったりこっち行ったり。
展示場とかそれ以外にも、新聞広告をみて、『この家いいかね』とかね。あとは中古住宅も見に行きましたね。仕事以上に仕事をしたね。

なぜ最終的に寺嶋建設に決めたのですか?とのお答えに『建築価格と信用することが出来ると建築後の対応も信用できる』とのお答えですが、価格は他社と比べてお安かったのですか。

安かったですね。『安い』といわれている、PHとかLH等と同等位かな、と思いますね。最終の金額までは計算していませんが、値段的には高くないですよ。ものすごく安いという訳ではないですが。

寺嶋建設は信用することが出来るというのは。先ほどのお話から。

よくパソコンなんかで、Lハウスとか、うまい事言ってるのがありますよね。 でも後から『当社は知りません』『それは入っていません』っていう様な、問題が起きているようですが。
寺嶋さんに限ってそんな事は言う人ではないし、地元に居る以上そんな事は言えないでしょうし、あの会社だったら言わないだろうなと思います。だから選んだんですけどね。

それが建築後の対応にも信用できると言う事ですか。

そうですね。

思いを形にして記事全文を

今回新築した家をどのようにしたいですか?との質問で、『一生住み続ける場としての家だけでなく、敷地全体を含めて落ち着いた環境の場としたい』との事ですが。

私はそんなに高級志向でも無いし、落ち着くだけだったら、マンションでも良いんですが、でも自分が自由に出来る空間、家の中以外に庭とか、私が年を取って生活するときにそういう面が無いとどうなのかな、と。
家は家でいいんだけど、外も含めて、ゆとりでは無いんですが、家に帰って寝るだけではなくて、余暇っていうのは、仕事をしてるから余暇っていうのであって、仕事が無くなったら余暇とは言いませんよね。その時の事も含めた環境、多分その時はここには二人しか居ないんでしょうけど。

みんなが集まってワイワイしてもいいのも家なんだけど、思っているのは外が大事になるのかって。今、庭で畑を作っていますけど、その方が大事になるのかも知れませんね。
そこに有るサンルームは私の趣味の竹細工を作るために作ったの。冬はそこで竹細工を作りながら、夏は畑作りをしながらとは考えていたんですけどね。秋から、冬にかけて竹細工をしようかなって。家って言うのは外も含めて『家』という感じですかね。自分で作った畑をぐるっと見て回ってそういうのがいいなあと思うんですよね。

ご主人がお気に入りの玄関脇クローク

ご主人がお気に入りの玄関脇クローク

奥様は満足していらっしゃいますか。

ここに半年位住んでいるけど、奥さんが、台所が暖かくて暑くない、エアコンが入れば、全て空調が効くって。昔は台所っていう所は、寒い所に入って作業をする、っていうのが非常に嫌だったようですね。
『私がここの家に住んで一番いいのは、台所が暖かい事』
って言ってます。
女性はそうなのかな。台所に居る時に寒いのは、嫌だって言っていましたね。

それと、自分の財産が出来たって言うことでしょうか。

お父様はいかがでしょうか。

父は昔、司法書士の仕事をしていたんですけど、辞めて10年位なるんですかね。
一緒に住むという話が出た時に、『俺には一部屋あればいい』という話で父の部屋を作ったんですけど。
畳にしようか、フローリングにしようか悩んで、父は、タバコを吸うので畳にすると後々手間が掛かるよりはという事でフローリングにしました。他の部屋でタバコ吸えないのが不満みたいですけど。(笑)

自分なりに小さい畑を作っていますし、満足していると思いますよ。

娘さんはいかがですか。

満足しているんじゃないですか。
作るときに彼女の意見を一番聞いたんですよ。何を決めるにしても(笑)『娘がこれいいよ』って言えば『ああそうしようね』って。

娘の要望は自室に『ウォークインクローゼットを付けて欲しい、それと6畳くらいの部屋があれば』とそれだけですから。
自室の色も自分で決めた色なんですよ。

娘はそんなに『あれがこれが』という娘でもないし。
あとは、お風呂の浴槽で足を伸ばせるのが良いって。妻と娘は風呂用の枕を買ってきて寝ていますね。

寺嶋さんの為だったらと記事全文を
オープンハウスの様子 オープンハウスの様子 オープンハウスの様子 オープンハウスの様子

オープンハウスの様子

寺嶋建設の良いところは、先程から伺っていますが。『信用できる』『家族的である』と言う事ですが。

前社長に『寺嶋さん、逃げられないよね僕らから』とお話しましたら『いやぁ、逃げるわけにはいかないよね』と。

悪い所を探すほうが大変でした。でも、質問シートにも書いていませんよね。悪い所は。
100%良い訳じゃないけど。
監督員の人に途中、もうちょっとハッキリ言って欲しかったところはありますかね。出来上がったものは、立派に出来上がりましたからいいのですが、途中としてね。ただ、対応もしてくれましたから良いんですが。
『駄目なものは駄目ですよ』ともうちょっと言って欲しかったですね。

例えばどういった事ですか。

私は家を初めて建てますよね。
色んな資料として持って来て頂くんですが、色んな物が有りすぎて私達では判らなくなってくるんですよ。
例えば、建具だとか、色の見本、キッチンの種類とか、私たちは、専門に見ているのでは無いので中々難しいんですよ。

もう少し判りやすく説明が有ったほうが良かったかなあと。
人間的にはは非常に良い人なんですが。そのあたりを改善して欲しいなと。

家族的であるとは。

前社長が、『鈴木さん、何か不都合な事ない』ってコーヒー豆を持って訪ねて来たんですよ。私がコーヒー好きだって知っていて。『今度来たら飲ませてね』って。
後日、来て頂いて1時間位コーヒーを飲みながら色んなお話をしたんですよ。その他の事でも、色んなお付合いしながら地域の仲間的なお付き合いが出来る方ですね。

寺嶋建設に対しての今後の要望はありますか。

事業を辞めないで欲しいなと。
これから、5年10年経って家のメンテナンスとか考えた時は。やっぱりメンテナンス部分が一番だと思いますよ。

こうやって半年住んでそんなに大きな不都合な部分は無いんですよ。どっか水漏れがしたとか、床が歪んできたとか。
これから5年10年経った時にやっぱり建てた人の方がいいかなと。やっぱり会社として継続している事が一番かな。

会社の対応、レスポンスのスピードはいかがですか。

会社の対応としては早かったですよ。営業の和田さんなんかは早いですね。
ただ工務の偉い人が、担当者と打ち合わせしながら、我々とのコンタクトを取ったほうが良いかな。

最後に寺嶋建設をお勧めできますか。

私はね、寺嶋建設さんをお勧めしたいから、ここをオープンハウスにしたんですよ。
『ここをオープンハウスにしてもいいですか?』というから、『寺嶋さんの為だったらやってもいいよ』と快諾しました。地元の会社ですし、昔から知っていますから、そう言う意味では協力してあげたいと思いますね。

ちょっとした直して欲しい事も言いましたけど、その辺りを改善していけばいい会社だと思います。LH社とかSH社のような巨大な会社に無い、フットワークの軽い会社になれると思います。

安いだけの会社はいっぱいあると思いますがね。やっぱり会社の方の人間性だともいます。奥様も含めて。
娘が『家を建てようかな』と言ったら、寺嶋建設を紹介しますよ。

ありがとうございました。

新築・リフォームに関することでしたら、お気軽にご相談ください。
お客様のライフスタイルに合わせた家をご提案します。